Mobingi Blog from 西早稲田

クラウド自動化ソフトウェアを提供するスタートアップのなんやかんやです

SaaSビジネスに携わる人が知るべき事実

 
今回はモビンギ代表取締役Waylandによる記事です。(まじめな記事です)
最下部に原文がございます。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
最近私はBen Sesser氏によって書かれた記事を読み、彼の経験やデータから裏打ちされるSaaSのビジネスモデルや豊富なアイデアに大変感銘を受けました。
Ben氏は幾度かの起業経験を持ち、5年に渡り事業発展のため経営戦略や経営企画に注力する起業家です。
 
プロダクトに関わらず、SaaSビジネスにとって最も重要なものはそのプロダクトがどれだけの収益を生めるか、ということです。
そしてマーケティングチームにとって最も難しいことは、ビジネスを急速に拡大するにはその収益を何に再投資するかを知ることです。
 
下記はBen氏の分析による2014年以前上場を果たしたトップレベルのSaaS企業の収益の用途を表した数値です。
  • 収益の45% を S&Mに利用
  • 収益の35% を COGSに利用
  • 収益の20% を R&Dに利用
  • 収益の15% を G&Aに利用

  • 何が重要かというと、ほぼ半分の収益はセールス&マーケティングの部門へ投資されていることです。製品開発の段階を終えたSaaS企業にとってセールスが最重要事項になるということは間違いありません。45%もの収益はセールスマンを雇うため、広告宣伝費、インバウンド/アウトバウンドでの営業、その他様々なマーケティングの用途へと使われます。
    私がかつて起業したばかりのころは1度十分なMRRを達成すればいかに自分たちのビジネスモデルが効果的か簡単に証明できると考えており、またそれを格好良いとさえ思っていました。
    しかしながら現実は、企業が5倍、10倍もの成長を常に遂げていくための利益追求は全く簡単なことではありません。代わって、スタートアップにとっては事業拡大やCAGR(年平均成長率)に注力することこそより現実的であり、数年でユニコーンとなれる近道なのです。
    Ben氏によると、SalesForceやWorkDay、DemandWareといった企業と同等であれば50~75%のCAGRが達成できます。早期段階で資金を集め、拡大していくことが重要です。
    なぜ我々は利益を犠牲にして拡大を加速させるべきなのでしょうか。それはSaaSビジネスが長期に渡り伸び続けているからです。
    ユーザーが一度SaaSプロダクトを常用化すると辞めることは非常に困難です。ソフトウェアはそれまでのワークフローを統合・超簡略化しているため、ユーザーが昔ながらのソリューションに移行するためには膨大な時間とコストを必要とするからです。
    また、一度何かを利用し始めた場合、その利用度が簡単に増加する傾向のようにユーザーが更に製品を利用するケースも多々見られます。(iPhoneユーザーがiPhoneを買い替え続けるのと同様)
    下記の例がそれを表しています。
    ・ServiceNowは2012年度$198,000の平均契約額があり、その契約更新率は96〜98%である。
    その他にも興味深い結果があります。
    ・利益の約20%は専門的サービスによるものである。
    専門的サービスとは何でしょうか。

    私はSaaSビジネスの価値である"トラブル解決のための顧客サポート”であり、"導入のためのハンズオントレーニング”、”内部のエンジニアへのコンサルティング”等であると考えます。

    全てのSaaS企業がそれぞれの分野の作業工程を自動化し、顧客が人力による作業軽減・生産性の向上を実現できるソフトウェアを開発し、従来のワークフローを簡略化したいと考えていることは確かです。(例: SalesforceCRMの自動化、WorkDayは財務管理の自動化、ZendeskはCSの自動化を実現)

     

    しかし、全てのビジネスには少しずつ異なる個々の要求があります。

    例えば、どんなソフトウェアも事業を100%自動化することはできません。そこで必要になってくるのが”専門的サービス”です。

     私はMobingiが構造やデザインからサーバーのデプロイ、監視から広範囲に及ぶマネジメント、コードからサーバーのスケーリング等、全工程を網羅する今までにないクラウドソフトウェアを提供し、ユーザーのアプリケーションライフサイクルマネジメントを全自動化したいと考えています。

    しかしながらビジネスを展開していくうち、多くのユーザーが我々が事前に考えもつかなかったような極めて専門的な要望があることを知りました。(ユーザーの従来のワークフローの一部であり、変更したくない点)

    そこで、ソフトウェアを既存のワークフローと統合しアプリケーションの実行に繋げる、いわゆる”コンサルティング”による専門的サービスの提供を考えました。もちろん顧客の年間利用額の15~20%を請求する有料サービスです。

     

    他にもSaaSの料金設定や解約率、顧客生涯価値、特殊なマーケティングについて等、多くの有益なことを500Startup’sバッチ15のメンターチームから学びました。それについての考えは次回の記事でご紹介します。    

     

    ----------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    Recently, I read an article written by Ben Sesser, who is a series entrepreneur and spent five years in strategy and corporate development focused on the enterprise, and got inspired by lots of his ideas and data-driven SaaS business models.

    Despite the product, what we value most about a SaaS business is probably how much revenue it makes. And what struggles most to the management team is how to reinvest the money it made(together with the money it raised) to scale the business at a rapid pace. Here are some highlights of his analysis based on some top-level SaaS companies who did IPO before 2014, the expense composition of revenue goes like this:

    • 45% of revenue goes to S&M
    • 35% of revenue goes to COGS
    • 20% of revenue goes to R&D
    • 15% of revenue goes to G&A

    What impresses me most is that nearly half of the revenue goes to Sales & Marketing. As for a SaaS company, sure sales is the most important and the top-priority task we need to do right after a production-level software has been developed. The 45% of revenue are spent for hiring sales reps, spending on ads/inbound/outbound sales and many other marketing channels that may help the company to get more paid customers.

    I used to think this way when we started our company years ago: Once we hit a decent MRR we can strongly show how profitable our business model is (e.g 60%), which sounds like a cool story to myself. However, in order for the company to scale to its 4x or even 10x year by year, pursuing profit shouldn’t be considered too early. Instead, grow the size of the business and focus on CAGR(customer annual growth rate) makes more sense to bring a startup to become a Unicorn in just couple years. According to his thesis, aiming for a 50%~75% CAGR if you are be come someone like SalesForce, WorkDay or DemandWare. Raise money in the early stage and focus on scaling your size.

    Why we are bothering about sacrificing profit and get to accelerate the scale? Because SaaS business are great over the long-term. Once the customer get used to the SaaS product we made, it is very unlikely to see them quit. Because the softwares are so deeply integrated into their existing workflow and, for the customers, it requires huge time and investment to switch the part that automated by the softwares to another alternative solution. And it is also very likely to see them become heavy customers. Since once people rely on something, it usually happens to increase the spend on that thing(think about from your first iPhone to now). Consider this case:

    ServiceNow had an average contract value of $198,000 in 2012 and contract renewal rates of 96 percent to 98 percent.

    Here is another interesting number:

    • About 20% of the revenue is derived from Professional Services

    What is “Professional Services”? I guess for varies SaaS business we can say it’s like “paid customer support for troubleshooting”, “paid hands-on training for integrating”, or “paid in-house engineers for consulting”, etc. It’s true that every SaaS business wants to automate a vertical section for a business’s existing workflow by providing a software solution (e.g Salesforce is the CRM automation; WorkDay is the finance automation, Zendesk is the CS automation) that can help the customers to reduce human resources and boost up productivities. But every business has slightly different and unique requirements, in such case, no perfect software will be able to handle 100% automation for every single vertical. Then there goes the “professional Services”. And this is what I believe. As for Mobingi’s cloud software we want to help customers to automate their cloud application lifecycle management by providing an ultimate software that covers all of the workflows from architecture design to server deployment, from node monitoring to mass management, from code shipment to instances scaling. However, we see so many customers are requiring lots of far specific features(that they’ve been using at their current workflow and usually don’t wish to change that part) which we couldn’t thinking of built into our softwares before hand. There we provide them the kind of so-called “consulting” professional service, help them to solve the frustration points and integrate the software to their running applications. And of course, we charge them for that service, typically 15%-20% of their total annual bills.

    And there are many other good points like pricing a SaaS, churn rate, customer lifetime value, and how to marketing in specific, together with lots of awesome stuffs that I learned from 500Startups’ batch 15 mentor teams, I’ll share my thoughts in the next blog post.